レディース 大きいサイズ 服選び

自分のコンプレックスの部分を上手にカバー。

自分の体の中で1番コンプレックスに思うところはどこですか?

 

ウエスト?太もも?二の腕?

 

これは人によっていろいろ気になる部分はあるかと思います。

 

そんな気になる部分を隠すつもりでコーデしたのが逆効果・・・なんてこともあるんです。

 

そんな事のないようにここでは誰もが手軽に簡単にコーデで上手にカバーする方法をご紹介します。

全体を綺麗に見せるのなら・・・?

どうせ着るなら「少しでも細く見せたい」、「ラインを綺麗に出したい」

 

これは女性なら誰もが思う事!

 

細く見せる為には今あなたが持ってる服を組み合わせるだけ、いつもと違う組み合わせで上下の服を着る、ちょっとした小物を使うだけで細見せ効果バツグン!など服選びのコツをご紹介したいと思います。

 

早速、まずは体全体のラインを綺麗に、細く見せる組み合わせとは・・・?

  • 体型にメリハリをつけた服装が◎。
  • ベルトでウエストの位置を見せる。
  • ぽっちゃり体型の女性は短めのスカートは履けないは、間違い!
  • Xのライン、Iのラインを意識する。

 

どうですか?これだけを見てると簡単なことでしょ?でもこの簡単な事を気にするだけで見た目が全然変わるんです!

 

どうしてもぽっちゃっり体型の人は全体をふんわりした物やダボダボ系などで隠す人が多いと思います。

 

それよりも逆に、体型にメリハリを付けてあげる事で全体を見たときに細く見える部分が一層目立つので体のラインのバランスも綺麗に見えるんですね。

 

それに加えてベルトをハイウエストの位置でウエスト部分を強調してください。脚長効果もあります。足が長く見える=全体のバランスが綺麗に見える!ベルトを使うのは絶対的にオススメ!

 

あと、ぽっちゃりさんはミニスカートが履けないなども聞きますがこれも間違い!お尻を隠すのにふんわりスカートを履くならむしろ短めのスカートのほうが綺麗に見せる事もできるんです。

 

ふんわりスカートはどうしても下半身にボリュームがでるので余計に大きく見えるケースがあるんです。それならボリュームを抑えたタイトなラインのスカートを履くほうがいいんです!女性の足のラインは基本的には綺麗なものなんですよ!

 

後は上で紹介したコーデに最強のXもしくはIのラインをつければ完璧!

 

XやらIやら何のこと?と、思われる方もいるでしょう!わかる人はわかりますよね?

 

Xとは例えばカーディガンやシャツなどの前ボタンタイプのトップスなどを着る時にあえて上から三つ目くらいの真ん中だけ留めるんです。

 

そうすると前から見ればカーディガンやシャツのラインがXになりますよね?これが女性らしさを強調してくれて着痩せ効果もある【Xライン】なんです!カバンを斜めがけするだけでもXのラインが作れるんですよ!

 

女性らしさよりも細く見せるほうに特化させたいのならIライン。横ストライプは太く、膨張して見える反面、Iラインつまり、縦のラインを作る事で細身効果絶大なんです!

 

Xラインではカーディガンやシャツを真ん中でボタンを留めましたが、Iラインはむしろ留めないで開けっぱなし、もしくはボタンを留めてしまうほうがいいんです。

 

開けっ放しだとボタンの並んでる部分とボタンを留める穴の部分が縦のラインになりますよね。

 

全部留めてしまうと真ん中に縦のラインが出来上がります。カバンなどもショルダーバッグなどを肩に掛けるだけでも紐部分が縦のラインを作ってくれます。

 

簡単な事なんです。「言われなくてもそんな事常識で知ってるよ!」と、思う方も多いと思います。

 

でもこの簡単な事が毎日の服選びの時には忘れがちなんです!服のデザインやら上下の組み合わせばかりに気がいってしまって基本的な事を忘れてるときもあるんです!

 

XとIのラインをしっかりと作るコーディネートを心がけてみて下さいね。